COMPANY GUIDE

HOME > 会社案内

会社案内

 

ごあいさつ

 
ユーザー視点で「What=なに」を考えるのが私たちの仕事です
代表取締役 鶴田邦雄

国民生活の向上や医療の進歩によりわが国の平均寿命は大幅に伸び、4人に1人が65歳以上という本格的な高齢化社会を迎えます。そのような中「豊かな長寿社会」を築くには、高齢者が家庭や社会において、自分に適した役割を持ち、生きがいをもって過ごすことが望まれます。

こうした人口の高齢化にともない医療を取り巻く環境は大きく変わりつつあり、これらに対応した医療供給体制を築いていくことが求められます。度重なる「医療法」や「診療報酬」の改定はその現れであり、医療機関は患者にとって誰もが良いサービスを適切に受けることのできる施設作りを求められています。

一方、それを取り巻く医療関連業も体質の改善を求められ、従来の単に「物」を供給するのみではなく「真」のサービスとはを考えなければいけない時といえます。こうした状況のもと、私どもの会社はユーザーとディーラーが一体となり、ユーザーに近い視点で医療環境の方向性と質を考え、常にそのニーズに応えられる質の高い医療関連サービスを目指し発足いたしました。

会社発足以来、北海道内でいち早く看護業務の雑務を軽減することを目的とした物品管理業務を導入するなど常にソフト面を重視しており、今後もユーザーとともに考え実行し、時代の要求に応えようとする「集団」を目指しています。

 

ノバメディカルのポリシー


ノバメディカルは、注射針などディスポーザブル材料から大型の画像診断機器まで幅広く取り扱っており、アイテム数にして1万種類を超えるものを医療機関にお届けしております。

それらの適正な使用についての説明・実技指導・メンテナンスをはじめとして、緊急時の対応、更に不具合が生じたときに関係機関への報告を行う等、ディーラーに求められる広範囲な活動を「確実」「迅速」「丁寧」に行うよう心がけています。


情報化モデル また、平成8年には、社団法人北海道商工指導センターの情報化モデル企業に選定され、以来 IT推進化による業務の効率化・精度向上の推進を目指して得意先とのオンライン化や、医療材料のバーコード化、EDI(Electric Data Interchange)を利用した受発注システムの導入を積極的に行っております。


今後も医療業界の一員として、IT化を更に推進し、メーカー・ディーラー・医療機関が一体となった情報の共有化=SCM(サプライチェーンマネジメント)を構築し、流通の効率化、高度化につなげたいと考えております。

 
医療界サプライチェーンマネジメント体系図
医療材料業界サプライチェーン
RETURN TO TOP